空山ポニー発電所のメンテナンスを行いました

0

    6月17日、空山ポニー発電所のメンテナンスということで、パワコンや接続箱などにつながる部分の電圧や電流、日射量の測定しました。お天気も良く、絶好の測定日和となりました。

    測定は、山陰エコライフ研究所のスタッフさんにお願いしました。ありがとうございました!

     以前から他の発電所に比べて、出力当たりの発電量がやや少ないタイミングが見られたこと、設置から5年が過ぎたということなどを踏まえて、測定ということになりました。

     

    測定の結果、電流・電圧には特別おかしなところは見受けられませんでした。

    今回はごく簡易な測定ということですが、大きな不具合がなかったということで一安心。まだまだ元気に発電してくれるようにしていこうと思います。


     


    とりちく発電所に学生さんの見学が来られました

    0

      令和になって1か月半ほど過ぎましたね。

       

      5月23日の午後、とりちくの発電所に鳥取環境大学の学生さんが見学に来られました。なんでも、ゼミ内でチームごとに再生可能エネルギーについて調べているようで、その太陽光発電チームということでした。

      当日はいいお天気で、元気に発電しているところを見せることができてよかったです。

      市民エネルギーとっとりからは、発電所の仕様や市民出資を得て作ったこと、出資の返礼品にとりちくさんの商品を利用させていただいていることなどを説明しました。

      学生さんからは、季節ごとに発電量に差はあるのか、FIT終了後に発電所はどうするつもりなのかといったことや、太陽光発電全般のこととして、パネルが廃棄となった場合どうなるのかといった質問が寄せられました。

       

      将来彼らが、再生可能エネルギーや地域再生の担い手になっていくとうれしいですね。

       
       


      アースデイ空山2019in空山ポニー牧場に参加しました!

      0

         4月21日に開催されました「アースデイ空山2019in空山ポニー牧場」に市民エネルギーとっとりも参加しました。

         

        空山ポニー牧場には、市民共同発電所の1号機「空山ポニー発電所」があります。2014年に点灯式を行って以来、5年が経ちます。

         

         今年の出店は、ズバリ「でんきの相談所」。

         鳥取にはとっとり市民電力をはじめ、複数の事業者さんが電力小売りを行っています。地元資本の電力会社と契約することで、地域内でお金を回すことができるだけでなく、電気の地産地消にも貢献することができます。

         

        ・・・そうは言っても中々電気の契約を変えるということはイメージしにくいのが本当のところ。

         

         ということで、電力会社を切り替えるとどうなるのか?電気代は?と言った疑問にお答えする、相談所を開きました。

         立ち寄っていただいた方々からも「興味はあるけど実際どんな感じなのかわからない」といった声を多数いただきました。

         

          このほか、防災グッズとしてソーラーパネル付きのモバイルバッテリーLEDランタン、スマホなどの充電が可能なソーラーパネルなども展示しました。

         

         「こんな物もあるんだ」と興味を持っていただけたようで大変良かったです。

         

        今後も地域エネルギーの様々な活用法を広めていけたらと思います。

         

         改めて、主催者や空山の皆さん、立ち寄っていただいた皆さんありがとうございました!


        親子でいっしょに アウトドア防災にお邪魔しました

        0

           3月29日(金)に宮下地区公民館で開催されました「親子でいっしょにアウトドア防災」にお邪魔し、防災グッズの紹介などをさせていただきました。このイベントは乳幼児のいる家庭を対象に「おさんぽ会」という自然散策活動を行っている「とっとり森のおさんぽ会トコトコ」さんが主催され、家族に合った防災グッズを考えたり、楽しみながら災害への備えを学ぶことを目的とされています。

           

           市民エネルギーとっとりでは災害時に電力を得る方法として、ソーラーパネルのついたモバイルバッテリーの取り扱いや携帯できるソーラーパネル、防災ラジオについて紹介させていただきました。特にモバイルバッテリーには懐中電灯などの機能が備わっているものもあり、参加した皆さんは様々な機能があるバッテリーに驚いている様子でした。

           

           このほか、トコトコの皆さんによる非常食体験や炊飯器を用いないお米の炊き方の講習も行われました。普段とは違うやり方でしたが、十分おいしいごはんが出来上がっていました。

           

          JUGEMテーマ:防災

           


          地域のためになるエネルギーダイアログ2018第2回「ごみも地域のエネルギー資源」開催のお知らせ

          0

             

            地域のためになるエネルギーダイアログ

            第二回「ごみも地域のエネルギー資源」

            日時:2019年3月23日(土)13:30〜16:30

            場所:とりぎん文化会館 第4会議室

             

             

             私たちは毎日、ごみをだしています。かつては、暮らしで使うものの多くを山や森などから得て、使ったあとは自然に還していました。

             

             エネルギー利用も、薪や炭、油などを主とし、地域の資源循環の一部でしたが、いまでは9割以上を輸入・化石資源に頼っています。気候変動が進み自然災害が増えるなか、エネルギーも輸入から地産地消へ、地域に取り戻すことが求められています。

             

             今回のダイアログでは、鎌谷氏から船岡共生の里づくりの取り組みや、みんなの牧場の畜産団地、畜産廃棄物を活用したバイオマス発電についてお聞きします。また、大谷氏から地元の電力会社の取組みや、下水処理ガスを活用した発電事業を紹介いただきます

             

             地域から出るものを地域で使い、地域を元気にする実践者のお二人と共に、鳥取にあるものの循環について考えてみませんか。

             

            ---プログラム---

            13:30〜自然と共生するふるさとのために

                 〜食・畜産廃棄物も地域循環〜

                 講師:鎌谷 一也 氏(みんなの牧場(株)代表)

            14:40〜地域新電力とまちづくり

                 〜エネルギー地産地消による経済循環への挑戦〜

                 講師:大谷 保雄 氏(鳥取ガス(株)部長・(株)とっとり市民電力取締役部長)

            15:10〜暮らしから出るものの循環を考える

                 トークセッション&ワークショップ

             

            主催:市民エネルギーとっとり

            後援:鳥取県、鳥取市

             


            | 1/18PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            PR

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM