地域のためになるエネルギーダイアログ2018第2回「ごみも地域のエネルギー資源」開催のお知らせ

0

     

    地域のためになるエネルギーダイアログ

    第二回「ごみも地域のエネルギー資源」

    日時:2019年3月23日(土)13:30〜16:30

    場所:とりぎん文化会館 第4会議室

     

     

     私たちは毎日、ごみをだしています。かつては、暮らしで使うものの多くを山や森などから得て、使ったあとは自然に還していました。

     

     エネルギー利用も、薪や炭、油などを主とし、地域の資源循環の一部でしたが、いまでは9割以上を輸入・化石資源に頼っています。気候変動が進み自然災害が増えるなか、エネルギーも輸入から地産地消へ、地域に取り戻すことが求められています。

     

     今回のダイアログでは、鎌谷氏から船岡共生の里づくりの取り組みや、みんなの牧場の畜産団地、畜産廃棄物を活用したバイオマス発電についてお聞きします。また、大谷氏から地元の電力会社の取組みや、下水処理ガスを活用した発電事業を紹介いただきます

     

     地域から出るものを地域で使い、地域を元気にする実践者のお二人と共に、鳥取にあるものの循環について考えてみませんか。

     

    ---プログラム---

    13:30〜自然と共生するふるさとのために

         〜食・畜産廃棄物も地域循環〜

         講師:鎌谷 一也 氏(みんなの牧場(株)代表)

    14:40〜地域新電力とまちづくり

         〜エネルギー地産地消による経済循環への挑戦〜

         講師:大谷 保雄 氏(鳥取ガス(株)部長・(株)とっとり市民電力取締役部長)

    15:10〜暮らしから出るものの循環を考える

         トークセッション&ワークショップ

     

    主催:市民エネルギーとっとり

    後援:鳥取県、鳥取市

     


    地域のためになるエネルギーダイアログ2018第1回「太陽光パネルの循環」開催のお知らせ

    0

       

      「地域のためになるエネルギー」ダイアログ2018

      〜鳥取にあるものの循環〜

       

      第一回「太陽光パネルの循環」

      日時:2019年3月7日(木)14:00〜16:00

      場所:大栄農村環境改善センター 青年研修室

       

       

       

       

       急速に普及が進む太陽光発電ですが、機器の寿命や災害により廃棄されることになった太陽光パネルはどうなっているのか。また、今後大量に出てくる使用済みの太陽光パネルをどのように処理していけばよいのか。

       

       

       太陽光パネルのリユース・リサイクルの最新状況を、現場をよく知る方にご講演いただきます。

       

      ---プログラム---

       

      14:00〜太陽光パネルのリユースへの取組みと最新状況

           講師:芋生 誠 氏(元鹿島建設環境本部専任役)

      14:45〜動き始めた太陽光パネルリサイクルの取組みと今後の展望

           講師:山川 直也 氏(平林金属(株)経営企画部)

      15:30〜トークセッション・意見交換”再エネ主力電源化”に向けて

       

      主催:市民エネルギーとっとり

      共催:(一社)鳥取県太陽光発電サポート協会

      後援:鳥取県、鳥取市


      【2/23】講演会&ワークショップ「災害に強い地域づくりとエネルギー」開催のおしらせ

      0

        災害に強い地域づくりとエネルギー

         

        日時:2019年2月23日(土)

        場所:県民ふれあい会館大研修室

         

         極端な豪雨や豪雪、昨年の北海道における全道規模のブラックアウトなど、社会生活に大きな影響を与える災害が多発しています。

         このような状況の中で、持続可能な地域づくりのために、私たちや地域はどう対応していけばよいのかを探る講演会とワークショップです。

         講演会では、気候変動や自然災害が、地域の生活・文化・経済に多様な影響をおよぼす現実とその将来予測について、また足元から始まっている災害に強い地域づくり、自助と共助の具体例についてお話をききます。

         ワークショップでは、持続可能な地域づくりのために、気候変動の時代に生きる私たちや地域はどう対応していけばよいか、一緒に考え次の一歩につなげるヒントを探ります。

         

        ---プログラム---
        13:30〜基調講演「気候変動時代の地域づくり」
             講師:白井信雄氏(山陽学園大学教授)
        14:30〜市民エネルギーとっとり活動報告
        14:55〜ワークショップ
             テーマ:災害に強い地域づくりのために
                 私たちができること

         

        主催:市民エネルギーとっとり  
        後援:鳥取県、鳥取市

         

        JUGEMテーマ:防災

         


        【12/1】災害時に役立つ!クッキング開催のおしらせ

        0

           

          【調理体験・ワークショップ】

           

          災害時に役立つ!クッキング

           

          日時:12月1日(土)10時〜13時

           

          場所:かちべ伝承館(鳥取市青谷町鳴滝448)

             

           

           

          災害が日常化している今、日頃から災害に備えておくことが大切です。

          そこで、停電時や避難所で実践できる調理方法についてのワークショップを開きます。
          みんなでおしゃべりしながら、おいしくたのしく防災について学んでみませんか?

           

          【調理体験】
          七輪や防災用炊飯器を使ったご飯炊きや、カセットコンロで出来るチキンライスや蒸しパンづくりに挑戦します。

           

          【お話会】
          地域エネルギーのあり方や防災について、実践者のお話から、身近にあるものを上手に使う暮らしの手がかりを学びます。ぜひご自身の体験も教えてください。

           

          〜〜〜

           

          【詳細】

          ●定員:20人程度(小学生以上)
          ●参加費・材料費:300円
          ●調理は調理室と伝承館前駐車場で行う予定です。あたたかい服装でお越しください。

           

          ※このイベントの申込み受付は終了いたしました。たくさんのお申し込みありがとうございました※

           

          〜〜〜

           

          主催:市民エネルギーとっとり  
          後援:鳥取県、鳥取市、勝部地域まちづくり協議会
          協力:かちべ伝承館、鳥取自然保護の会、いの・しか・ピヨ

           

           

           

          JUGEMテーマ:防災


          【9/29調理体験・ワークショップ】災害時に役立つ!電気を使わないクッキング

          0

            ※本イベントは雨天のため中止が決定いたしました。お申し込みいただいた皆様、誠にありがとうございました。※

             

            〜調理体験・ワークショップ〜

            災害時に役立つ!電気を使わないクッキング

             

            日時:9月29日(土)10時〜13時

            場所:覚寺おひさま発電所(鳥取市覚寺竹ノ下260番8)

             

            地震、台風、水害…。災害が日常化している今だからこそ、「電気を使わない調理法」にチャレンジしてみませんか?基本を覚えておけば、停電時や避難先などいざという時に役立ちます。

            【詳細】
            ⚪︎調理体験

            カセットコンロや電気調理器を使わず、2種類のご飯炊きをしてみよう!ひとつは七輪、もうひとつは普段は捨ててしまう身近な“あるもの”を使います。

            ⚪︎調理実験

            太陽光で加熱する「ソーラークッカー」を使ってゆで卵を作ってみよう!

            ★ジビエや地鶏料理の軽トラキッチン「いの・しか・ピヨ」がやってきます。できたてのガパオをホカホカのご飯にのせてどうぞ。焚き木で調理した昔ながらの芋煮もあります。

            ★覚寺おひさま発電所の見学も実施予定です。

             


            【詳細】


            ⚪︎持ち物:軍手、帽子、飲み物、汁わん、箸、お皿、参加費・材料費(300円)


            ⚪︎雨天の際は、当日朝8時までに連絡いたします。

             

            ⚪︎当日は朝10時に鳥取市覚寺交差点付近の駐車場(下図)にご集合ください。発電所までスタッフがご案内します。


             

            主催:市民エネルギーとっとり   
            協力:鳥取自然保護の会、いの・しか・ピヨ

            JUGEMテーマ:防災


            | 1/5PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            PR

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM