(3月24日)第3回ダイアログを実施しました

0

    3月24日にとりぎん文化会館で開催した第3回ダイアログは、「農業と自然エネルギーの共生」をテーマに、農地の再生や、食とエネルギーの自給率向上を目指す方法として注目されているソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について、県内外からお二人のエキスパートをお呼びし話を聞きました。

     

    千葉エコ・エネルギー(株)の馬上丈司さんの講演では、その特徴や意義、急増するソーラーシェアリングの許可申請状況や多様な作付事例、支援制度などの最新状況、その背景として全国で農業従事人口の減少・高齢化や荒廃農地の拡大が進む現状、そのような中で営農者と共に取り組むソーラーシェアリングの実践例などが話されました。

     

    またソーラーシェアリングのパイオニアである千葉エコ・エネルギー蠅紡燭相談が寄せられており、多様な課題について整理して話され、それらをフォローするサポート業務についても紹介されました。

     

    鳥取市北栄町の企業、(株)エナテクス・ファームの牧野健治さんからは、鳥取での実践例として追尾式太陽光発電やメガソーラーでのソーラーシェアリング、地域の住民や農業者への配慮、キリンソウや原木しいたけの栽培、海外での砂漠化防止としての農業などについて紹介されました。

     

     

    グループディスカッションでは、太陽光発電そのもの(事業性やコストなど)やソーラーシェアリングについて、鳥取での実践に向いている作物はなにか、放牧は可能か、自治体主導で積極的に取り組む事例はあるか、ガラス/ビニールハウスで応用可能かなど、具体的で実務的な情報・ノウハウ等に関する質疑応答や意見交換が行われました。

     

    一方で、自然災害による被害への懸念や、農家が借金を抱えることのハードルの高さもあることから、「畑より適した場所があるのでは?」といった慎重な意見や、「農家の副収入になるなら、荒れた農地があれば積極的にやれば良い」などの積極的な意見まで、予定調和的でない多彩な意見を共有することができました。

    一つの答えを出すのではなく、暮らしに不可欠な食とエネルギーを自給自足もイメージしながら、すでに具体的な取り組みが求められていることについて共有された回となりました。

     

    ♦︎♢♦︎♢♦︎♢

     

    全3回を通して、実践する人々の具体的な経験を共有し、その意義を語り合い、地域とエネルギ―の未来について当事者として考え、鳥取での実践に向けた対話の場を設けることができました。また、まちづくり、農業の活性化、持続可能な地域づくり、自然保護に関心のある方や取り組んでいる方、学生、学識者、太陽光発電事業者、行政、生協、議員など、年代は10台から90代以上まで、非常に多様で幅広い層の方々が参加されました。

     

    各回の対話の内容やアンケートを通して、鳥取での地域エネルギー事業の実践に関心を寄せる層が広がりつつあることがわかりました。ひきつづき、実践する/したい層の発掘や対話の促進、今後はそのネットワークづくり、先進的な実践地等の視察・交流、実践者のサポート等に取り組んでいきたいと思います。

     

     

    講師の皆様、参加者の皆様、本当にありがとうございました!

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.07 Tuesday
      • -
      • 16:22
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする