地域のためになるエネルギーダイアログ2018第2回「ごみも地域のエネルギー資源」開催のお知らせ

0

     

    地域のためになるエネルギーダイアログ

    第二回「ごみも地域のエネルギー資源」

    日時:2019年3月23日(土)13:30〜16:30

    場所:とりぎん文化会館 第4会議室

     

     

     私たちは毎日、ごみをだしています。かつては、暮らしで使うものの多くを山や森などから得て、使ったあとは自然に還していました。

     

     エネルギー利用も、薪や炭、油などを主とし、地域の資源循環の一部でしたが、いまでは9割以上を輸入・化石資源に頼っています。気候変動が進み自然災害が増えるなか、エネルギーも輸入から地産地消へ、地域に取り戻すことが求められています。

     

     今回のダイアログでは、鎌谷氏から船岡共生の里づくりの取り組みや、みんなの牧場の畜産団地、畜産廃棄物を活用したバイオマス発電についてお聞きします。また、大谷氏から地元の電力会社の取組みや、下水処理ガスを活用した発電事業を紹介いただきます

     

     地域から出るものを地域で使い、地域を元気にする実践者のお二人と共に、鳥取にあるものの循環について考えてみませんか。

     

    ---プログラム---

    13:30〜自然と共生するふるさとのために

         〜食・畜産廃棄物も地域循環〜

         講師:鎌谷 一也 氏(みんなの牧場(株)代表)

    14:40〜地域新電力とまちづくり

         〜エネルギー地産地消による経済循環への挑戦〜

         講師:大谷 保雄 氏(鳥取ガス(株)部長・(株)とっとり市民電力取締役部長)

    15:10〜暮らしから出るものの循環を考える

         トークセッション&ワークショップ

     

    主催:市民エネルギーとっとり

    後援:鳥取県、鳥取市

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.07.09 Tuesday
      • -
      • 15:44
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする